あいち森林経営管理サポートセンター 県内市町村における森林経営管理制度の推進を支援するための相談窓口を設置

あいち森林経営管理サポートセンター 県内市町村における森林経営管理制度の推進を支援するための相談窓口を設置

森林経営管理制度について

平成31年4月に森林経営管理法が施行され、森林経営管理制度がスタートしました。
充実した森林資源の活用と森林の多面的機能の発揮に向けては、適時適切に伐採、造林、間伐等を実施する「循環型林業」を推進する必要があり、そのためには、林業経営の効率化及び森林管理体制を整えることが必要です。
この制度は、適切な林業経営や森林管理の確保を図るために、「市町村が仲介役となり、森林所有者と意欲と能力がある林業経営者(愛知県では「意欲と能力のある林業経営体」として公表)をつなぐもの」です。

森林経営管理制度のポイントについて

森林経営管理制度の進める上でのポイントは以下のとおりです。

ポイント1

森林経営管理制度では、森林所有者に適切な経営や管理を促すため、経営や管理の責務を明確化する。

ポイント2

併せて市町村は、経営や管理が行われていない森林において、森林の経営管理権を当該市町村に集積する必要がある森林を対象に森林所有者の意向を確認する。

ポイント3

その結果、森林所有者から経営や管理の委託の申出等があった森林について市町村が経営管理権集積計画を定め、森林所有者から経営や管理について委託を受ける(経営管理権の設定)。

ポイント4

その上で、

  1. A.愛知県が公表する一定の条件を満たす「意欲と能力のある林業経営体」から、再委託に応じる者があった場合には、市町村は経営管理実施権配分計画を定め、森林の経営や管理を林業経営体に再委託する(経営管理実施権の設定)。
  2. B.「意欲と能力のある林業経営体」に再委託しない森林は、市町村自ら経営や管理を行う(市町村森林経営管理事業)。

ポイント5

この他、経営管理権集積計画の作成に関して特例措置を設け、所有者不明森林等において一定の手続を経て市町村が経営や管理の委託を受けることができる。

あいち森林経営管理サポートセンターの業務について

基金では、愛知県から委託を受け、森林・林業に関する専門的な知識を持つ相談員を配置する相談窓口を設置して、市町村の森林経営管理制度に関する取組が推進されるよう必要な下記のサポートを行います。

  1. (1)森林経営管理制度支援
    1. ○森林経営管理制度の円滑な実施に向けたサポート
    2. ○森林調査、施業方法などの森林経営管理に関する取組を実施するための技術的なサポート
    3. ○意向調査、経営管理権集積計画の作成、経営管理実施権配分計画の作成などの市町村が行う森林経営管理制度に関する取組を実施するための技術的なサポート
    4. ○市町村を対象とした、森林経営管理制度に関する説明会等の開催
    5. ○森林経営管理制度に関する法律相談の対応
      ※ 相談内容を様式にご記入のうえ、ご相談ください。
    6. 様式
  2. (2)情報収集及び提供
    1. ○森林・林業に関する取組や事例等の情報を収集し、市町村等に対して提供

【連絡先】TEL 052-953-3608 メール jim01@airinki.or.jp

外部リンク(森林経営管理制度関連)

林野庁 森林経営管理制度

https://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/keieikanri/sinrinkeieikanriseido.html

愛知県農林基盤局林務部林務課 森林経営管理制度

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/rinmu/shinnrinnkeieikannriseido.html